北浜の夜

北浜の夜

大学1年の秋。
留学先のオーストラリアから帰国する前日、”日本に帰ったら会いたい人”をノートに書き出していた。
2番目に浮かんだのはバイト先の常連客だった。

ドコモ関西支社の地下にその店はあった。
昼間は蕎麦屋、夜は居酒屋で、
オフィス階から降りて来るサラリーマンで毎夜にぎわった。
店長が客に気に入られるようにと書いた名札のせいで、常連客は皆、私のことをあだ名で呼んだ。
彼だけはあだ名どころか私の名前を呼んだことがない。
常連客の中では目立って格好が良かったため、来店時いつも女性スタッフの心を躍らせていた。
バイト終わり、今度飲もうよ、と言って名刺に番号を書いて渡してきた。
常連も常連だったし、お局の気に障らないかと思ったが、2人で会うようになるのに時間はかからなかった。

「うちにもな、派遣社員が沢山おるんやけどな、
やっぱり社員の女子とその派遣の女子は日々睨み合っとるで。
社員は派遣に対して、男性社員を奪おうとしてると睨んでるし、派遣社員は逃げ切ろうとしてる。
合コンもな、行くけどこのくらいの歳になると質問がやらしいのよ。
社名、年収、乗ってる車…まぁ大学生にしたら考えられんやろうけどな」

シルバーのBMWはスポーツタイプで彼によく似合っていた。
笑いながら話す彼の横顔を覗きこむようにして助手席から頷いた。

梅田から車を15分ほど走らせて着いたのは北浜のオシャレなフレンチレストランだった。
席に通され、椅子をひかれる。
真っ白なクロスに眩しく輝くナイフとフォーク。
彼はとても慣れていた。
シュッとしたスーツ姿に高そうな時計。
清潔感がにじみ出たシャツに整った髪型。
きっといい家柄で育ったんだろうな…とぼうっと彼の全体を見ていた。

 

不思議なことに、ナイフを全く使わない人だった。
育ちの良い風貌とは裏腹に、フォークだけで食べる姿が野生を感じさせた。
会社ではよく上司にかみつくと話していた。中流大学からドコモに入社したという経緯、間違ったことを鵜呑みにできないまっすぐな性格。
そんな熱い一面とフォークしか使わない不器用な様が妙にリンクし納得できた。

近くのコインパーキングに停めていた愛車に戻る。
「俺、小銭使わんのよな。やから、めっちゃ増えるねん」そういいながらジャリジャリと何枚か出し、笑って見せた。
10近くも年上なのに無邪気な笑顔がずるい。

堀江にあるカフェに移動した。
カフェの机には、ファッション誌が置かれていて、そこには自分の財布と似たデザインのものが載っていた。
「この財布、オーストラリアで買ったの」
GUCCIの革財布を見せると、「この雑誌のよりそっちのがいいやん」と真面目な顔で言った。
きっとこの人は私を子どもだと思っているから、こんな財布持ってるのか、って驚くのだろうと思っていた。

彼はその後すぐ結婚した。
「今の奥さんは生まれ変わってもまたおんなじ人がいいって思うわ」
色んなことが解らなかった。
色んなことが難しくて色んなことが切なかった。

スーツのデート。
社内の恋模様。
ビジネス街夜のドライブ。
高級車の助手席。
フレンチレストラン。
好きな人への想いを素直に言える男(ひと)。
ハタチで知った大人の世界。

その7年後、彼に似た人を好きになった。
私の名前を呼ばない、上司につっかかる熱い人。
それでいてゆっくりと間を置いて話すセクシーな人。
その人の財布は、偶然にも当時私が持っていたものと同じGUCCIの男物だった。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *